山本市長 プロフィール

山本浩章

ひろあき

山本浩章

[山本浩章プロフィール]

昭和57年
昭和60年
昭和63年
昭和63年
平成04年
平成10年
平成20年
平成21年
平成22年
平成23年
平成24年
平成24年
滋賀県甲良町立甲良東小学校 卒業
滋賀県甲良町立甲良中学校 卒業
滋賀県立彦根東高等学校 卒業
東京大学教養学部文科一類 入学
東京大学法学部第1類 卒業
株式会社兵間仏閣堂(現ひょうま) 入社
益田青年会議所 理事長
日本青年会議所島根ブロック協議会 会長
株式会社ひょうま 代表取締役社長
益田市議会議員 初当選
3月 益田市議会議員 辞職
8月~ 益田市長(現職1期目)

誕生日/昭和44年5月13日
家族構成/妻と2女2男の6人家族

四つの理念

益田市には大いなる発展のための基礎的条件があります。温暖な気候と豊富な日照量、自然災害の少なさ、美しい山、川、海、そして広い平野、主要な街道の交差する交通の要衝、さらには首都東京と直結する萩・石見空港。これらの好条件をフルに活かせば、飛躍的な成長は不可能ではありません。現に中世益田は、東アジアに開かれた国際都市として経済的にも文化的にも大いに栄えた実績があるのです。

しかしながら、これまでの益田市政は、ここぞという重要な局面で「断絶と動乱」を繰り返し、せっかくの資産や機会を失ってきました。益田市発展のためには、今こそ確かな「継続と安定」を実現し、内部における求心力と外部からの信頼性を確保することが必要です。

益田市総合戦略を実施し、行財政改革を実現することによって、益田市発展の道筋を確かなものにすることは山本浩章の大きな使命です。また、総合戦略の掲げる「ひとづくり協働構想」の具現化においては、市民・企業・団体との協働のもと、陣頭に立って力強いリーダーシップを発揮していかなければなりません。そのためには、次の4年間がどうしても必要です。

益田市政の安定と継続のため、そして益田市のさらなる発展のため、再び最大限の努力を尽くすことを誓う次第でございます。

bright futureCopyright © HIROAKI YAMAMOTO All Rights Reserved